私の更年期対策〜大学病院の精神科で抗鬱剤や安定剤を処方してもらいました〜

私の更年期対策〜大学病院の精神科で抗鬱剤や安定剤を処方してもらいました〜

 

私の更年期の症状は、多岐に渡りましたが、その中でも最も辛かったのが、気分がどうしようもなく落ち込むうつ症状でした。
最初はホットフラッシュめまいといった身体的症状があらわれ、それに伴って、全身の倦怠感がつねにつきまといました。それらの症状のため、思うように身体が動かず、パートを退職したり、ずっと続けていた趣味の活動も行けないような状態でした。そのような毎日を送るうち、段々と気持ちが落ち込んでいき、一日中ベッドの中といった日々が続きました。

自分でもどうしていいかわからず、家族にひきずられるようにして、大学病院の精神科にかかりました。更年期からうつを発症する例は多いらしく、抗うつ剤安定剤を処方されました。薬はなかなか効きませんでしたが、しばらくして気分の落ち込みが少しましになってくると、この状態をどうにかしなければという気持ちがわいてきました。

婦人科に行ってホルモン値を調べてもらい、ホルモン治療することで、辛い症状のいくつかは改善されました。今も完全には脱していませんが、一時よりはかなり楽になっています。


母の更年期を家族で応援

 

母が更年期になったのは50代始めの頃でした。 突然大量にをかいたり、風邪をひきやすくなったり、気力が低下して、家にこもることが多くなったので、本人も、私達家族も、更年期なのだと気付きました。

具合が悪くて食事が作れない時には、私が代わりに作ったり、体調が良さそうな日には、家族で出かけたりして、気分転換をはかりました。それでも、なかなか良くなることはありませんでした。

母は、お友達に相談したり、病院に行ったりしなかったので、全て家族が受け止めていたような気がします。

特に私は娘なので、何とか母の体調が良くなるようにと色々対策を考えたり、励ましたりしていました。家族全員で母の更年期を支えていたように思います。

一定の期間が過ぎると、霧が晴れるように更年期が去ったと母が言っていました。自分が更年期になった時には、まず、病院に行って相談しようと思っています。

必要であればを処方してもらい、なるべく楽に更年期を乗り切れるようにしたいです。