更年期障害みんなの対策・改善法まとめ〜症状に気づいたらどうしたらいい?〜

更年期障害みんなの対策・改善法まとめ〜症状に気づいたらどうしたらいい?〜

更年期障害みんなの対策・改善法まとめ〜症状に気づいたらどうしたらいい?〜

更年期障害かなーと感じたらどうしたら良いのでしょうか?
ここでは、更年期障害の症状を経験した方が実際に行った対策や改善方法をまとめてみました。更年期障害を和らげるためにも治療法のきっかけになれば幸いです。

更年期障害の症状も度合いも本当に個人差が激しく人それぞれですが、色々な方の意見を聞いてみると、いくつかの対策法に評価が集中しました。

更年期障害の対策@【漢方を処方してもらう】

更年期障害は、ホルモンバランスの乱れによるところが多いので、漢方が有効な場合は多く、漢方を飲んでみたという方は意外と多いようです。
実際、漢方治療は更年期障害の良い適用となっています。漢方薬の良いところは、精神的・身体的悩みの複数に働く所です。
しかし、それぞれの漢方薬に合う・合わないの個人差がありますので、自分に合った漢方薬を見つけるところがまず大変なようです。
また、若干経済的にも負担がかかる対策ですので、財布と相談、という面もあるようです。

更年期障害の対策に用いられる漢方の一例

防風通聖散・当帰芍薬散・温清飲・温経湯・加味逍遙散・五積散・当帰四逆加呉茱萸生姜湯・女神散・桂枝茯苓丸・苓姜朮甘湯・八味地黄丸・半夏厚朴湯など。

更年期障害の対策A【病院の診察を受ける】

病院の診察を受けている方が思ったよりも少ないのが更年期障害。日頃から感じることのある症状だけに、本人が病院に掛かろうとすることが少ない為、家族に連れられてという方が多いようです。

診察科目で多いのは、やはり婦人科と心療内科です。生理不順や不正出血だけでなく、ひどい倦怠感を感じたら無理をせず一度婦人科へ行ってみましょう。身体的な症状に対してホルモンバランスを整える処方をしてくれる病院が多いようです。

一方、焦燥感や不安感、焦りやイライラなどに対しては心療内科となりますが、抗うつ薬や抗不安剤を飲むことへの抵抗感がある方も多いようです。精神的な主訴に対してこれらの薬が有効な場合もありますし、根本的なホルモンバランスを改善しなければあまり効果を感じられないという意見もありました。

更年期障害の対策B【対症療法を試みる】

漢方や薬は飲まずに、対症療法で乗り切ったという意見もありました。更年期障害には身体を温めるというのは非常に有効ですし、冷え性が主症状の方は身体をとにかく冷やさないという対策をされています。また、食事を見直して症状の緩和を試みたという方も多くいらっしゃいました。
食事の一工夫として多かったのはやはり「大豆」などの豆類です。大豆に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモン様の働きをする為、食生活を改善し、ご飯と一緒に大豆を炊く、豆腐を毎日食べる、豆乳を飲むようにするといった工夫をよく聞きました。

更年期障害の対策C【専用のサプリを飲む】

意外と多かったのが、「更年期障害対策のサプリメント」を飲んでいたという方です。具体的には、「命の母」「白井田七」「基本のサプリ」「マカのサプリ」の名前があがりました。病院に通院する時間がなかなか取れない、漢方は費用がかさむ、食事にまで気が回らない、といった方が実生活では多く、費用的にも安価で、時間や場所の制限を受けないサプリメントは大変重宝されているようです。また、サプリメントの主成分は漢方などの生薬や大豆イソフラボンのものですから、普段の食事にプラスして飲むだけで、ホルモンバランスに良い影響を与えられるというのが最大のメリットと言えるでしょう。
しばらく飲み続けなければいけないという前提はありますが、更年期障害を何とかしたい!まずは何かしてみよう!という方は一度試してみると良いかもしれません。