更年期障害で焦り・焦燥感が出たらどうしたら良い?対策は?

更年期障害で焦り・焦燥感が出たらどうしたら良い?対策は?

女性の場合閉経前後の数年は更年期と呼ばれ、更年期障害を発症することがあります。月経はなくとも男性ホルモンの減少から、男性も男性更年期障害になってしまう可能性は十分あります。更年期障害で有名なのは発汗や頭痛、気持ちの落ち込みなどです。ただ症状はそれだけではなく、個々によって内容や重症度もかなり違います。更年期障害になると、どうしようもない焦りや焦燥感でいつも心がいっぱいになってしまうことがあり、そうなると日常生活において正常な判断を下せなくなります。更年期障害で焦りや焦燥感に心を支配されたら、どうしたら良いのでしょう?

焦燥感ってどんな意味?

そもそも焦燥感とはどんな意味かご存知でしょうか?誰にでも焦ることはありますが、焦燥感というのは感じた人しかリアルには実感できないことでしょう。ただ落ち着かないとか具体的な悩みがあって焦るとか、イライラと言った感覚とは全く違うのです。特に何かの予定に追われているわけでも、悩みがあるわけでもないのに、本当に意味なく焦りと不安に似たような感情が湧いてきます。焦燥感は不安から来ています。意味のない不安から来ているのです。意味のないというのがポイントで、だからこそ焦燥感というのは正常な感覚ではないということを認識することです。意味のない不安から来ていること、それはつまりホルモンバランスや自律神経の乱れだったり、抑うつ状態から引き起こされる不安感が原因となっているのです。
焦燥感の原因を正さなければ、ひどくなるとパニック障害に繋がります。今は心の中だけの不安感でも、ひどくなると身体症状として表在化することにもなりかねませんので、焦燥感に対してはきちんと治療をしてあげる必要があります。

焦燥感と不安感は別物なの?

焦燥感は良く不安感の1種として語られることが多いですが、焦燥感を経験したことがある方であれば誰しも不安感とは異なると答えるでしょう。
焦燥感のかられた状態は、例えば「家の鍵を掛け忘れたかもしれない」といった具体的な不安の種がある場合に感じる不安感とは全く別物の激烈な感情と捉える方がほとんどです。
焦燥感に駆られている時は、冷静で居られなくなり視野自体も狭くなりますから、焦燥感を抱えている状態こそが不安な状態でもあり、焦燥感自体が不安を招き続けるという極めて不安定な心理状態と言えます。焦燥感が生じる原因の多くは自律神経の不調で語られますが、自律神経の乱れによって意味もなく焦燥感に駆られる場合と根本的な原因があって焦燥感が生じる場合とがあります。いずれにしても焦燥感が生じている時は自律神経のうちで交感神経が相当な興奮状態にありますから、過度に交感神経が優位な状態を元に戻してやる必要があります。

更年期障害の焦り・焦燥感って?

更年期障害のせいで、焦りや焦燥感に心も肉体も支配されてしまうことがあります。なぜかと言うと、焦る心もイライラそわそわの焦燥感も、ホルモン分泌が少なくなることで起こる心の現象だからです。セロトニンと言う成分は私たちの体の中にあるのですが、それが不足するとイライラしたり意味もなく焦ったり、精神が不安定になります。このセロトニン不足は、女性ホルモンであるエストロゲンが減少することで引き起こされます。つまり更年期障害で女性エストロゲンが減る=セロトニン不足、と言う公式が出来上がり、さらにセロトニン不足でストレスの溜まった体には「ノルアドレナリン」と言う成分が過剰分泌これが更なる精神不安、イライラや焦燥感を誘発します。つまり更年期障害ではこのような最悪の悪循環に陥ってしまい、日々焦りや焦燥感に心が支配され、感情のコントロールが難しくなってしまうのです。

焦り出したらどうしたらいいの?

更年期障害のせいで焦りや焦燥感が出てきたら、どうすれば良いのでしょう?まず、更年期障害では自分を責めないことが一番大切です。ホルモンバランスの関係で起きている病気なのですから、全ては病気のせい。焦りや焦燥感でのイライラ、八つ当たりなどで自己嫌悪に陥る人も多いですし、何より大病と診断されているわけでもなし大怪我をしているわけでもなし、周りからの理解が得にくいのです。「更年期障害のせいで、こうなってしまった」と言う自覚が大切で、それを家族や恋人、親友など大切な人たちに理解してもらうことも重要。意味のない焦りや焦燥感に苦しんでいるなら、まずは周りに相談して、サプリメントや漢方を試してみるのも一つの改善策。それでも改善しないなら、専門医を訪れましょう。薬治療だけではなくメンタルカウンセリングもあるので、気持ちが楽になるでしょう。

更年期障害のせいで半端ない焦りを感じたり、焦燥感で居ても立っても居られない。そんな状態になってしまったなら、ギャバを試してみて下さいギャバとはアミノ酸の一種で、副交感神経を活発にする作用があります。副交感神経が正常機能することで、脳の興奮も鎮まり気持ちを落ち着かせられます。実はギャバは更年期障害に効果があるとして、サプリメントや健康食品でも人気があります。更年期障害の焦りや焦燥感で不眠症になってしまうこともあり、そうなると更年期障害そのものが更に悪化していきます。不眠は精神だけではなく、肉体的にも辛いですよね。食生活を丸ごと改善するなんて難しいですしそれだけでストレスになってしまうのですから、足りない分はサプリメントでサポートしましょう。

セロトニン不足を解消して焦燥感をなくすには

早起きは三文の得。更年期障害においても、本当なんですよ、これ。実は朝日には人体にとって特別なパワーがあるのです。体の中でセロトニン分泌が少なくなると人はイライラや焦燥感が募ります。朝日を浴びると、人体はセロトニン分泌が活発化するのです。朝が苦手、また一日が始まる…更年期障害だと朝を億劫に感じてしまいがちですが、まずは朝日を浴びることから更年期障害改善を試みましょう!とっても爽やかに一日のスタートをきれるのは気分的なものだけではなく、セロトニン分泌が活発化するからなのですね。更に更年期障害改善を考えるなら、早朝ウォーキングがオススメ。軽い運動をしながらの朝日、精神的肉体的ストレスが解消されていきます。運動とはいかなくても、朝日を浴びていると自然とリラックスできます。朝日に限らず、アロマセラピーやハーブティー、好きな音楽を聞いたり半身浴、とにかく心を穏やかにリラックスすることが更年期障害改善にとても良いのです。

・ミネラル・ビタミンを摂ろう
怒りっぽい人を見るとカルシウム不足なんて冗談で言いますが、ありがち嘘ではなく、人の体からカルシウムが少なくなってしまうと本当にイライラしがちになってしまいます。焦りや焦燥感もまたイライラの種類の一つ。更年期障害に関係なく、焦りや焦燥感でストレスを抱えているなら、まずはカルシウム不足を疑ってみましょう。有名ですが牛乳やチーズなどの乳製品にたっぷり含まれています。加えてビタミンC不足もまた同じようにいけません。血中からビタミンCが不足すると心のコントロールが難しくなってしまい、イライラそわそわ、なんだか焦りに追われてしまうのです。ビタミンCは副腎皮膚ホルモンの生成をサポートする役割を持っているので、足りないとストレスが溜まってしまうのです。野菜やフルーツにもビタミンCは含まれていますが、サプリで手軽に摂取も出来るので便利です。

もしあなたが、更年期のそわそわや焦燥感に悩んでいたら、それは女性ホルモンであるエストロゲンの減少からくるホルモンバランスの乱れ、ひいては自律神経の乱れと考えましょう。
ですから、今はムリに頑張ろうとか、余計焦って悩む必要はありません。誰にでも起こり得ることで、それは正常な状態ではないだけですから、きちんと対策をして、
身体が更年期に馴染むまでホルモンバランスと自律神経を整えてあげるようにしてあげればよいだけです。当サイトでは、女性ホルモンのバランスを整えてくれる更年期対策用サプリとして、主にローヤルゼリー、大豆サプリ、プラセンタを紹介しています。更年期対策サプリについては、トップページで詳しく解説していますので、詳しく知りたい方は下のバナーからトップページへどうぞ!