更年期障害の治療に飲まれている漢方薬はどれ?ほてりやのぼせに効果的な漢方を詳しく解説します!

更年期障害は卵巣機能の低下により女性ホルモンのエストロゲンが激減することが発症の原因です。更年期になると病院の内服薬を飲んだり注射をしたりしますが、抵抗がある方も多いはず。
そんな方におすすめなのが漢方です。西洋医学と漢方薬の併用で治療する、漢方薬だけで治療する、人それぞれ体質や考え方により治療のパターンは異なりますが、漢方薬について知識があると更年期障害の治療や緩和に選択肢が広がるのは間違いありません。とはいえ漢方は生薬ですから、例えば冷え症でしたら生姜が配合されているように漢方とサプリの違いも知っておく必要があります。

=目次=

更年期障害で良く飲まれている漢方
更年期障害で漢方薬を飲むときの注意点
医師からの処方をおすすめする漢方薬一覧

更年期障害で漢方薬を飲むときの注意点

更年期障害の症状緩和の為に漢方薬を飲むときの注意点としては、必ず医師から処方を受けることです。
生兵法はケガのもとです。例えば、漢方薬は身体を温めるもの、冷ますものと真逆に作用するものがあります。
漢方の取扱いには深い知識が必要ですから、本格的な漢方治療をする場合には必ず専門医からの処方を受けてください。
漢方薬と言っても医師しか処方できないもの、市販のものとありますが、ご自分で判断できない場合は病院に行くか漢方の生薬を材料にしたサプリをおすすめします。

目次に戻る


更年期障害で良く飲まれている漢方

先ほども申しあげたように、素人の漢方治療はおすすめできませんので、本格的な漢方治療をするのであれば専門医にかかるのは必須です。
しかし、さまざまな事情により病院に掛かることが出来ない場合は、漢方の生薬で作られたサプリも選択肢のひとつです。
薬局で市販されている漢方薬は第二類医薬品に該当するものが多いですが、一方の漢方サプリは食品扱いである為安価で副作用の心配が極めて少ないと言えます。
良く用いられるのはやはり田七人参や高麗人参です。これらに豊富に含まれるサポニンには、女性ホルモンの分泌を促し、自律神経を調節する作用があります。
ホルモン補充療法が受けられない方、プラセンタ注射のリスクが怖い方、精神薬に抵抗がある方、定期的に通院する時間がない方は一度試してみてはいかがでしょうか?
白井田七
更年期障害の治療に飲まれている漢方薬はどれ?ほてりやのぼせに効果的な漢方を詳しく解説します!

初回3,980円

定期1日当たり167円

漢方の生薬である田七人参を錠剤にしている
イライラ・落ち込み・のぼせ・血行不良の更年期症状に
田七人参は漢方の生薬であり、サポニンの含有量が大変多い為、更年期障害対策に良く用いられています。サポニンには女性ホルモンや副腎皮質ホルモンの分泌を促す作用があるので、ホルモンバランスの乱れや自律神経の失調による更年期症状の緩和に向いています。

高麗美人

定期2,721円

定期1日当たり98円

更年期にぴったりの高麗人参が主原料
漢方系サプリの中で最も価格が安い
高麗美人の魅力は何と言っても価格の安さ。サポニンの含有量は白井田七には劣りますが、白井田七と同様の作用があります。

【番外編】キッコーマン基本のサプリ

更年期対策の定番である大豆イソフラボンのサプリ
女性ホルモンと同様の作用をする大豆イソフラボンが豊富

こちらは漢方ではありませんが、更年期対策に適している大豆イソフラボンのサプリです。大豆イソフラボンは女性ホルモンと同様の働きをしますので、女性ホルモンの減少で起こる乱れを整えてくれます。

医師からの処方をおすすめする漢方薬一覧

重ねてになりますが漢方薬は医薬品ですから、飲むときは必ず医師の処方を受けてください。
病院に掛かれない場合は漢方系のサプリをおすすめします。
更年期対策のサプリメントについてもっと知りたい方は、一番下の画像からトップページにいけますので、そちらも参考にしてみてくださいね。

↓更年期の症状ごとに効果のある漢方を紹介しています。↓

漢方は症状にあったものを使うことにより、更年期障害の改善が見込めます。

自分の症状を把握し医師に必ず相談しましょう

イライラした時に効く漢方

更年期障害は精神の乱れを起こすことが多いです。これはエストロゲンが減少、激減することでホルモンバランスが崩れてしまうせいなのです。毎日イライラ、何にでも腹が立つ、周りに八つ当たりしてしまう、カッと頭に血が昇るのを抑えられない…。このような症状は更年期障害が原因なのです。温和だった人でもホルモンバランスのせいでこのようになってしまうのは更年期障害ならよくあること。自分を責めず、我慢せず、一日でも早く治療を始めることが大切です。
そんな時は「加味逍遙散」がオススメ。
加味逍遙散と言う漢方は、「カミショウヨウサン」と読みます。加味逍遙散は女性特有の悩みを改善してくれる、女性向けの漢方薬。味逍遙散を飲むと血液の流れが良くなり、代謝がアップします。体が温まり、今流行りの「温活」効果も大いに期待できます。体を温める漢方でありながらホルモンバランスを整える作用のおかげで、のぼせやほてりなど更年期障害の肉体的症状改善にも役立ちます。ホルモンバランスが整い、イライラ・ムカムカ・カッとなりやすい不安定な精神を落ち着かせられます。神経症や不眠、自律神経失調症などにもよく使われる漢方薬の一つです。

めまい・立ちくらみがした時に効く漢方

更年期障害ではめまいや立ちくらみの症状もよく見られます。突然のめまいや立ちくらみは、怪我や事故のもとにもなりかねませんし、それらの症状はもやもやした不快感を伴っています。そのせいでちょっとしたことも億劫になったり、イライラしたり、スカッと気分が晴れることもなく、毎日がつまらない…。精神的な落ち込み・悲しみへの悪循環が始まれば堂々巡りで、最悪鬱病になってしまう可能性もあります。
そんな時は「抑肝散加陳皮半夏」がオススメ。
「抑肝散加陳皮半夏」と言う漢方は「ヨクカンサンカチンピハンゲ」と読みます。中国にある漢方古典とも言われている有名な「保嬰撮要」と言う医学書にも掲載されているくらい良い漢方薬です。「抑肝散加陳皮半夏」の「肝」は漢方用語で精神を意味しており、精神的な疾患に効果のある漢方薬です。神経の高ぶりが静まり、筋肉のこわばりが緩和するため体の状態が緊張感からほぐれ、精神も肉体もリラックスできます。体調が良好に導かれることでめまいや立ちくらみなど貧血的な症状もおさまってくるでしょう。

ほてりやのぼせで汗が止まらない時に効く漢方

更年期障害の肉体的症状の中でも多く言われるのが発汗、ほてり、のぼせの症状です。気温と関係なく汗が出たり、ほてったり、のぼせたり。しんどくけ動けないくらい、体感温度がきつく感じてしまうことも。全身だけの症状ではなく、手足だけが暑く感じることも多く、ベッドに入っても手足だけ外に出さなければ耐えられない人も珍しくありません。そのせいで寝つきが悪くなり、睡眠導入剤が必要となるケース、悪化すれば不眠症と闘うこととなります。また頬が真っ赤になって見た目が気になると言う悩みもよく聞かれます。更年期障害の発汗、ほてり、のぼせは気温から感じる暑さと言うより、体の内側からの熱。ですので体内の放熱がうまくいっていないと考えられます。
そんなときは「瀉火補腎丸」がオススメ。
「瀉火補腎丸」は「シャカホジンガン」と読みます。この漢方薬はまさに顔や手や足のほてり、のぼせを改善する効能があります。顔の紅潮も抑えられ、見た目の問題も解決。発汗やほてりが続く状態をオーバーヒートと言いますが、オーバーしてしまった体内熱をうまく放出してくれるのが瀉火補腎丸なのです。

冷え症になってしまった時に効く漢方

冷え性の女性はあちこちに沢山います。なので、冷え性くらいで更年期障害の症状と言えるの?なんて思う人もいるかもしれません。それは大きな間違いです!温活と言う言葉が流行っているように、体温を健康的に上げることはとても体に良いこと。その逆で冷えてしまうのは全ての不健康のもとと言えるのです。更年期障害で冷え性がきつくなると手足がいつまでも冷たく凍りついているようで、手足の動きすら制限が出てきます。布団に入っても眠りにくく、不眠の原因にもなりかねません。また、体の冷えにより頻尿になったり、腰痛や疲労蓄積も続くこととなります。
そんな時には「八味地黄丸」がオススメです。
「八味地黄丸」は「ハチミジオウガン」と読みます。この漢方薬は昔から中国で「女性の宝」と重宝され、冷え症など女性に多い症状改善に役立っている成分です。泌尿生殖器機能改善にも効果があり、冷え性による頻尿や尿漏れ問題も解決します。

更年期障害の発症は閉経の5年前後で、年齢で言うと40代後半からが一番多いようです。しかし個人差があり、早ければ30代半ばから始まることも。かと言って何歳になっても更年期障害にならない女性も多くいます。つまり更年期障害は、いつやってくるか分からないので、女性なら誰でもなる可能性がある厄介な病気です。もっともいけないのは、対策を取らずに放置することです。病院に行くのがベストですが、難しい場合は漢方やサプリの力をかりても良いのではないでしょうか?

目次に戻る